笑顔、感謝、情熱、勇気、協力

坐骨神経痛

HOME>坐骨神経痛

おしりから太ももの裏側にかけて、しびれや痛みがありますか?

  • おしりから足の後ろ側にかけてしびれ・痛みがある
  • しびれ・痛みがひどく、歩くことも困難
  • 足やおしりが痛く、寝ていることもつらい
  • 体を前に屈めると足やおしりが痛い

お尻から足の後ろ側にかけて痛みを感じたり、しびれや麻痺などの症状が出ることを坐骨神経痛といいます。
ひどくなると、麻痺や激しい痛みのせいで、歩行が困難になることもあります。

歩くことも困難になる坐骨神経痛|甲斐整骨院山鹿院

坐骨神経痛

坐骨神経痛のつらいしびれや痛みは、何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたことによって引き起こされます。

坐骨神経とは、腰から骨盤、お尻を通って足の指先にまで伸びている末梢神経です。
ペン軸ほどの太さがある、体の中で最も太い神経です。
また非常に長い神経でもあり、長さが1m以上もあります。
坐骨神経は、太ももと足の筋肉の動きを担う神経です。
脳からの運動命令を伝え、歩く、身体のバランスを取る、といった働きをしているので、坐骨神経が歪むと体に様々な異常を引き起こしてしまいます。
例えばお尻や太もも、ふくらはぎといった坐骨神経周辺の体に痛みが生じるようになります。

骨盤の矯正でどんな坐骨神経痛も解決

坐骨

坐骨神経痛が起こる原因は、「坐骨神経」自体が歪んでいたり、圧迫を受けるからだとされていますが、本当の理由は背骨や骨盤の歪みなのです。
骨盤というのは人間の体を支える大地のようなものです。
大地が歪んでしまっては、その上にある人間の体も歪み、悪い影響を受けます。
坐骨神経は骨盤を通っています。
ですから、骨盤が歪んでいると坐骨神経も歪んでしまい、足が痺れる、腰が痛むなどの症状が引き起こされるのです。

甲斐整骨院山鹿院では、坐骨神経痛の原因である骨盤の歪みを矯正することで、坐骨神経痛を治していきます。

坐骨神経痛・梨状筋症候群・ヘルニアの症例|甲斐整骨院山鹿院

男性

脊柱管狭窄症による足の痛み

山鹿市 70代 男性

脊柱管狭窄症といわれ、農作業をするとふくらはぎの痛みとしびれが強く出るということでお越しになりました。
腰の痛みはそこまで出ていなかったのですが、とにかく足の痛みがつらく、立ったり座ったりが大変で、かがむことが痛くて出来ず、歩くときも足をかばってしまうようで「ひょこひょこ」としていました。

治療に通っていただいて7~8回目でしびれが取れてきた様子で、痛みそのもの自体は少しずつ減っていったとのことでした。
現在、開始から1ヶ月ほど経過したところですが、痛みは感じなくなり、しびれだけが少し残っている状態で、引き続き通っていただいています。

女性

むくみ・足のだるさ

山鹿市 20代 女性

ヘルニアで、しびれと腰の痛みがあり、足が夕方になると腫れてくるということでお越しになりました。

6回ほど通っていただいたところでしびれが取れ、夕方の足の腫れもかなりマシになったということです。

甲斐整骨院山鹿院|お客様の声

交通事故治療お客様の声

坐骨神経痛

山鹿市 女性

「甲斐整骨院」の治療内容のご感想を記入してください。

身体の」状態に合わせて適切に治療して下さったことが良かった。小さなことでも親身に話を聞き、対応して下さったので、助かりました。

「甲斐整骨院」の治療による御身体の変化等についてご感想を記入してください。

間隔を空けると痛みが出てきていたので、痛みがある時は、つめて通うことの重要さを感じました。

「甲斐整骨院」、「甲斐整骨院スタッフ」へのご感想を記入してください。

いつも気持ち良く挨拶をされ、親身に話を聞いて下さったことが嬉しかったです。